鼻にできたニキビをどうしよう?なんとかしたい

演劇と電子タバコ

私が初めて電子タバコを見たのは、宝塚歌劇を観ている時でした。タバコを使用した演出があることを事前に知っていたので、とても楽しみにしていました。その時に上映していた劇は「カサブランカ」という名作です。
主人公のリックは煙草の似合う大人の男性で、作中で何度が煙草を吸うシーンがありました。前の方に座っていたので、すぐ傍で煙草を吸うシーンが見ましたが、全然匂いはありませんでした。
好きで何度も通っている内、煙草の吸い方に違和感を覚えました。それは普段眼鏡をしない人が、眼鏡をかけた時の不自然さに似ていました。なんとなく吸い方に違和感があるのです。あまり煙を吸い込んでいないように見えました。恐らく普段煙草を吸わない方だったのでしょう。父が喫煙者だったので、間近で煙草を吸う姿を何度も見ており、不自然な吸い方をしているとよくわかります。
他に煙草を吸うキャラクターがもう一人いたのですが、そちらの方の吸い方は違和感がありませんでした。きちんと胸の奥まで煙を吸い込んでいる感じです。電子タバコなので本物の煙は出ませんが、遠くから見ると本物の煙草を吸っているように見えます。
電子タバコは、演劇には欠かせない小道具です。
不明な点がありましたら電子タバコを比べてみてください。