鼻にできたニキビをどうしよう?なんとかしたい

不眠症予防のために行っている方法

私は不眠症予防のために、布団に入る前の1時間くらいは、間接照明のみの薄暗い部屋でのんびり寛ぐようにしています。
薄暗い部屋でのんびりと過ごしていると、自然と眠気が襲ってくるので、もう1年以上この生活を続けています。
ただボーっとしているのでは暇なので、音楽を聴いたり、美顔器などで体をマッサージしたりしています。
マッサージを行うと、手足の指先の冷えも解消されるので、より心地よい眠りにつくことができるんですよね。私が見たサイト不眠症ならここ!

 

血行促進効果だけでなく、美肌効果や体の引き締めにも効果的なので、美顔器でのマッサージはおすすめですよ。
不眠症は、誰にでも起こりうる身近な症状なので、他人事ではないと思っています。
一時期、なかなか寝付くことができないことがあったので、また同じことが起こらないよう、十分に注意しています。
睡眠は、生きていく上でとても重要な要素の一つですから、睡眠障害に悩まされないよう、普段から心がけていくことが大切だと思います。